ココロの中のイメージをコトバとカタチに

なぜ一人で英語教室を始めたのかを語ります【コンサル担当Ackoの場合】

英語が好きだったり得意だったりする人が、英語を使った仕事をしよう、と思うのは、ごくごく自然な流れだとは思うのですが、でも、そこで“一人でやってみよう”と思う人は、ちょっと癖が強いですよね

確かに、自分で運営しようと思う人は、パワーあるしこだわりもあったりしますよね。あるいは逆に押しに弱くて流されているとか(笑)

そこで、まずはCheer Up!の講師2人がなんで一人で教室をすることになったのか、好きに語ってもらおうと思いまーす!

はーい!んじゃ、Ackoからいきまーす!

もともと個人でやる気など全くなかったのよねー。

昔一緒に働いてたネイティヴ講師にも「Acko自分の教室作ったらいいのに!」と言われても、「無理無理無理!!生徒集められんわ!!!」っていってたくらい。前に勤めてたところは生徒を集めてもらって、レッスンだけをしていたから生徒を集めることがいかに大変かも知ってたので…。

それに、レッスンをどうやっていくか、カリキュラムとか作ったことないし、場所もないし、あと、周りの先生から何か言われそうで怖い(;゚Д゚))))))と思ってたの(笑)

でも…うちの家庭は「夫婦共働き」が大前提…。いつかは働かなきゃって思ってはいたの。子どももいるし、休まなきゃいけない時が絶対あるだろうし…どんな仕事しようってソワソワしてたのよね。

そんな時、上の子が年中になった頃、お友達のママたちに“みんな集めるからやってよー!”といわれたのがきっかけ。この頃はまだ、そのうちパートに出ようって思ってたんだけどね。最初園児10人弱だったのだけど、別の友達から未就園児の親子サークルのお願いをされて…。手探りで始めたの。

そこから園児さんも未就園児さんも口コミで増えていったんだ、格安だったからね…あの頃は一人500円。お友達価格の子たちは兄弟で500円とか…。

そのうち、少しずつ人数が結構増えてきたので「あ、パートに行かなくてもよいかもしれない」と思うようになったの。一番最初の心配だった、人を集められないかもしれない!がクリアになったんだよね。これだけ集まればやれる!パートや派遣にでることでこどもの病気や、幼稚園行事でのお休みを心配しなくてもいいしね。

なるほど!お友達から声かかって始めたのね!
最初準備で大変だったことはある?

そうねー…。まずレッスンプラン考えるところだよね。あとはじめの歌の振り付けを自分で考えたよ。いまも親子のレッスンで歌ってるHow do you do?の歌のダンスはオリジナルなんだけど、実は一回変えてるの。躍らせてみたら難しくてこどもたちできなくて、もっと簡単にできるように改善したんだよ。

そうそうABCソングのダンスもAckoオリジナル。毎回次の歌は何にしよう?単語は何を教えよう?って、なにもないところから考えるのが大変だったかな?一応春になったら虫を、梅雨には雨の関係のものみたいにしてたけど。あと、他の教室で教えてない単語を少し混ぜたりとかしてたよ(笑)

そうそう、単語といえばカード!買うとさ…高いんだよね。なかなか見つけられなくて…。で、無料でプリントできるえいごばたけさんのサイトの絵カードを使う分だけ印刷して、少しずつ貯めていったよ。地味な作業だよね(笑)はじめたころの数年は資材をためながらのレッスン。今後も繰り返し使うってことを頭に入れて準備してたよ。

えいごばたけさんのサイトはこちらです⇩

絵本も少しずつ買ってたね。時々、文字数多すぎた!!って失敗もしつつ…(;´・ω・)英語絵本は中をみて買えないことが多いから、あるい意味冒険。 本当、教室を始めたすぐはいろいろ出費がかさむよねー(;’∀’)

この頃は周りに英語講師のお友達がいなかったから…本当に手探りだったよ

あと、これは生徒のママからのリクエストがあって作ったんだけど、年間のレッスンプランも作ってた。最初はその都度その都度「今度は何しよっかなー」って決めてたんだけど、年間プランたてたら、楽ちんになったよね。提案してくれたママに感謝です。

ちなみに今は園児クラスから上の子たちはテキストとBBカードを使ってるので「何をしよっかなー?」って悩む必要はなくなりました。

いままで一人でやってきて困ったことはあった?

いろいろあったよー!会費が格安だったとこから値上げしたときとかね。どうやって言おうかな…とかね。あと簡単に休んじゃう人がいたときはつらかったよ。場所代は払わなきゃだったし、生徒一人しか来ないし…とかね。

それはさ、親子で集まるいろいろな会があるでしょ?例えば児童館でやってる遊びに参加するとか。いっても行かなくても自由な感じの。そういうのとの違いがわからないってのもあるなーって気づいて。実際自分がそうだったから。だからそれは説明をしてわかってもらえたからよかったんだけどね(*^▽^*)

どういうつもりでやってるかっていうのをきちんと話すことが大事だなーって思ったね。

あと、私&家族の病気は痛いよね…。うちは実家が遠くて、すぐにおばあちゃんに駆けつけてもらって…って感じでもないので。レッスンを始めたころは自宅でやってなかったから、息子に数時間お家で寝ててねって時もあったし、やむなくお休みしてたこともあったな。

あと自宅教室にしてからも、インフルエンザとかになった時は皆さんに連絡して、どうしたいか聞いてレッスンやるか休みにするかきめてる。ありがたいことに私の家族、レッスンがない日に病気になることが多くて助かってます。

あとはね結構長いこと「自分はあまり良い講師ではない…」とか思ってたかな。他の先生方ってすんごい準備をするのよ。見せるものとか触れるものを作ってたりとか…私そういうものまったくやらないの。それを「ダメなこと」って思ってた。だから先生たちの集まりに行くのが苦手な時期があったの。

今はたくさんの講師仲間がいて、困った時は相談にのってもらったり、教室見学させてもらったり、時々コンビ組んでレッスンしたり、ありがたい環境にいます。

こんな感じですがよかった?大丈夫?私ちゃんと質問に答えてる?

うむ。大丈夫♡

次回は、いくみさんの開業スタート時の話を紹介します!私とは全然違って、余裕綽綽(しゃくしゃく)で始めたらしいですよ。

しゃくしゃくじゃないけど!…確かに、あまり苦労はしなかったかも(笑)それには実は理由があってね。私は

はいはい、ストーップ!次回語ってください!Ackoちゃん、ありがとうございました~

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました