ココロの中のイメージをコトバとカタチに

目的をもって親子英語レッスンを開催していますか?

親子英語レッスンのプラン販売を考えている渡邊です、こんにちは!といっても、数年後ですが~♡

このブログを読んでくださっている方の中には、親子英語レッスンや親子英語サークルを開催されている方もたくさんいらっしゃると思います。

親子英語レッスンの対象の多くは、未就園児(0~3歳児)とママ、ですよね。

みなさん、0~3歳児のレッスンに、何を求めていますか?どういう結果を出してあげたくてレッスンをしていますか?

  • 英語がある時間を楽しむ親子イベントとして
  • 小さい時から英語に触れる大切さを教えるため
  • 赤ちゃんでも歌や絵本で英語を楽しめるから

などなど、いろいろと理由はあると思います。正解はありません♡

先生が目指すところをクリアにし、それをきちんと発信し、必要としているお母さんに届いて、満足してもらえたら、それが正解です♡

InstagramやFacebookを見ていると、楽しそうなレッスンの様子がたくさん流れてきます。

どれもみんな素晴らしい♡

 

しかし一方で、「これでいいのかなぁ?」と思っている先生たちも、きっと少なくないはず…。

なぜなら「0~3歳児にたまに英語の時間を数分作ったところで意味あるの?」という、避けては通れない問題があるから…(苦笑)

真摯な英語の先生なら、↑こういう質問をそこら辺の人にされたら…「意味ないかも^^;」と思ってしまうのではないかと思います。

 

未就園児とママに、たま~に数分間の英語イベントを経験してもらったところで…、残るのは、ママの中の素敵な想い出?

辛口ですけれど。

目的意識のない、ただの英語イベント的な親子英語レッスンは、その時は楽しくてもそれで終わりになる可能性が高いのではないでしょうか。絶対じゃないですよ!何かが劇的に変わった!という人ももちろんいるかもしれませんが…

英語学習は終わりがなく、地道な継続が必要です。

未就園児から英語に触れるメリットはた~~っくさんありますが、それは継続していけばこそのもの。

だから。

親子英語レッスンこそ、その場が楽しいだけではなく、その数年先も見据えて、レッスンプランを作っていく価値があるのです。そうじゃないのなら、ショッピングモールとかでたまに開催している通りすがりの英語イベントと一緒です。

※イベントが悪い、という事ではないですよ~!イベントはイベントとして価値があります。ここでお伝えしたいのは、先生の目的と結果が一致しているかどうか、ということです。


こういうことを真面目に考えて親子英語レッスンをしてきたわけではないのですが(笑)、先日、オンラインサロンのメンバーさんから、「親子英語レッスンの在り方についてレクチャーしてほしい」との熱いご要望をいただきまして、僭越ながら、私がこれまでしてきたことを語らせていただきました。

レクチャーを開催するにあたって、自分がしてきたこと、伝えたいことを、あらためて考えたら、上記のような思いでやってきたんだなぁと再認識したのです。

ただその場が楽しいだけじゃない、数年後の英語学習に繋がっていく親子英語レッスン。

それが私の目指す、親子英語レッスンの在り方です。
(親子英語レッスンの在り方のひとつです♡これが正解!ということではないですよ~)

ご参加いただいたみなさんのご感想を紹介しますね!

1年単位で親子英語のクラスを持ってきていますが、いつまでたってもしっくりきてませんでした。今日は目からウロコの情報が盛り沢山で、いいヒントをいただきました。正直とても真似できないですが、私のブレイクスルーにつなげたいです。
自分が何のための、どんなレッスンをしたいのか、の軸をしっかり持ち、その方針をしっかりママに伝えることが、本当に大事だな〜と痛感しました。
親子英語は楽しんでもらえればいいか、と自分自身のレッスンとしっかり向き合うことから逃げていた部分もあったので、今後どんな教室にしたいのか改めて考えるとても良い機会になりました。
ありがとうございました!!
親子でレッスンを受けるメリットを最大限に活かせるような、目的と意図がハキッリしている内容だと思いました。連動させたレッスンプランや手作りプリントの必需性にも、すごく共感ができました。前から思っていましたが、改めて、うちの近所にいくみ先生の英語教室が欲しかったです^_^
Cheer Up!本講座(コンサル+WEBサイト制作)で学んだことを、こうやって生かすのか!と、大変参考になりました。
気付きは沢山あったけど、さてそれをどうやって形にしよう?というのは大きな課題ではありますが、いくみさんのように、自分だからこそできるレッスンを編み出していきたいです。
親子レッスンにも色々な形があると思いました。
いくみ先生の親子レッスンを実際に受けてみたくなりました!以前から感じていましたが、英語講師だけでなくビジネスがとても上手な方という印象が強くなりました。
私もこんなレッスン受けてみたいと思ってもらえる自分のスタイルを見つけていきたいです。
ありがとうございました。
私は親子レッスンは、子どもに英語を学んでもらう感覚ではなく、ママの英語力up&ママが子どもの先生(見本)になることを目指しています。いくみ先生と同じです^_^
レッスンの流れをママ向けに先に説明したり、親子英語レッスンの目的、今後の英語教育に関する情報をもっとうまく伝えることをしていきたいと思います。
伝えてるつもりで、できてなかったんだと気付かされました^_^自分がすべき事が見えてきました。ありがとうございました。
言葉にして伝えることの重要性を改めて感じました。
そのためには伝えたい想いや目指すところに講師自身の迷いがないこと、芯が通っていることが欠かせないですが、やはりその部分がまったく不十分。
来年度に向けてしっかりと突き詰めていこうと思いました。

みなさん、ご感想ありがとうございます!

今回受講してくださった方の中には、講師歴が私より大ベテランの方もいらっしゃいますし、私も長年ブログなどでレッスンの様子を拝見してきたベテラン先生もいらっしゃいました。

正直、オファーをいただいたときに「私が話して役立つことなんてあるだろうか??(苦笑)」と思っていたのですが、みなさんにとって、何かしら得るものだったりヒントになるものがあったようで、ホッとしました。

そして、みなさんとのレクチャーの時間を通して、こうしてご感想をいただいて、「まだまだ私にも出来ることがあるかも!」と私自身もとても刺激と勇気をいただきました。

 

もうずーーーっと何年も前から、自分がしてきた親子英語レッスンをレッスンプランとしてカタチにして、必要としている人に使ってほしいと思っていたのですが、日々の忙しさに流されて、頭の中に放置されていました。

でも!

ちょっとずつ形にしていこうかな♡と思いました。

私がしてきた親子英語レッスンは、その時間が楽しいものであることは大前提、その上で

  • 絵本や歌をベースに構成
  • ママがおうちで英語の時間を作れる工夫を伝える
  • 数年後に必ず役立つ情報を入れる

ということを意識して作ってきました。

 

何年か経ったとき、「0歳から英語に触れさせてたけど、全然意味なかった!」なんてママたちに思わせたくないじゃないですか!?

少しでも少しでも多く、「あの時、いくみ先生が言ってたのはコレか!繋がってきた!」という感触を得て欲しい。

そういう想いで、未就園児親子向けのレッスンを作っています。

私、自分の意志ではあんまり動かないんですけど(笑)、「やってください!」「興味あります!」「知りたいです!」とか言われると、すぐ調子に乗っていろいろ行動するので♡

興味がある方がいらしたら、どんどん私をおだててください(笑)コメント、LINE、メッセージ、いつでもお待ちしております♡

2020年は、カタチづくりの1年にするぞー!オー!

一緒に自分だけの英語レッスンを作りたい先生、お待ちしていますよ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました